2021年9月28日

更新日:

2021年9月28日 (神ブランド)

 

デルタ株で、コロナ精霊も、案外、張りきっているようで。
しかし、コロナは7つの厄災の一つにすぎません。
二酸化炭素濃度で、これほど騒いでいるのも、ヨハネの黙示録の一環。
タバコも初期は被害が無視されてたけど、今や、人類の愚かさの象徴扱い。
温暖化も陰謀扱いされたけど、今や、社会を変えるレベルの変革の種。

 

次は、プラスティックでしょうね。
最早、動物愛護レベルの話じゃないのよ。
今や、金払って買っている、ミネラルウォーターにすら混入している実体が判明し出した。
プラスティックは腸で吸収できませんからね。
無事、便として排出されるのか?
肉でも腸壁にこびり付くことが判っていますが。
プラスティックが腸壁に蓄積していくと、やがて、どうなるか?
当然、健康被害の問題が発生するでしょうね。 

 

ビニール袋をクラゲと間違えて食べる海亀を馬鹿にできない状況です。
世間でも、この事実が分かり始めたから。
レジ袋から、ストローまで、挙って、プラスチック回避に動いている。
それが、社会的なムーブメント。
流行の最先端感覚。
しかし、すでに、こういうレベルの対処では、どうにもならないでしょう。
使用プラスティックを完全に回収する理想社会にしても。
(有り得ないけど。)
すでに、社会全体に廃棄されたプラスティックだけで、かなりの量ですよ。
これが、やがては、ミネラルウォーターに混ざるわけだ。  

 

今、テレビで、マイクロバブル水の効能を宣伝していますが。
だったら、マイクロプラスティックも、そのサイズにまでなる可能性が。
PM2.5サイズとか。
現状、すでに雨に混ざっているという報告すらあります。
しっかし、どうやって、水蒸気に混ざるのかね?
低気圧とかで、巻き上がるのか?
それとも、花粉や黄砂なみに。
空中浮遊できるレベルの細かさになっているのか?

 

すでに微細粒子として空中漂っているのなら、肺に吸い込むし。
花粉症どころじゃない。
二酸化炭素の次の課題だな。
どうするよ、この地獄を。
まだ、具体的に病気になるレベルの濃度までは来ていませんが。
時間の問題。
腸や肺経由で、どんな病気になるのかな?
コロナより深刻カモ。 

 

この流れから、その次は水だな。
水不足。
海水から真水精製しても、金額は高くなり。
それが、経済に影響を及ぼす。
石油よりも高価になるカモ。
そうなると、ようやく、日本は資源国になれるけど。
毎年の台風被害とのバーターです。

 

但し、世界経済や政治に影響を与える国になれる可能性が。
複数国家で値段を支配してりして。
エタペックとか。
こうなると、下手したら、国家侵略されますよ。
生存競争は戦争になります。
その次か、同時に来るのが、食料問題だな。
不足だけじゃなく、化学調味料や遺伝子改変問題。
史上初だから、どうなるか、人体実験の最中だ。
目先のコロナで都合良く忘れたか。

 

ちなみに、毎年、世界中で起きる山火事は温暖化だけの所為なのか?
人為的な匂いもするけど・・・。
微妙ですね。
実際、焼けた後の土地は、どうなっていくの?
畑か、はたまた、不動産開発か。
一方の土砂崩れですが。
これも、場所によっては、埋め立てで人工的な要素が。
愚かな猿の世界は、こういう仕組みで。
これがヨハネの黙示録の一部ですが。
(そう言えば、バッタも飛んでいたなあ。)

 

しかし、それらは、ZF矛盾のインパクトと比べたら、何てことない。
コロナは普通の病気になっても、ZFは永遠に矛盾のまま。
猿にZFワクチン開発は出来ない。
今、地球の新猿は
「知的ゾンビになって蠢いている状態」
この状態をインフォハザードではないと言い張っているわけだ、筋肉脳は。
現在は、徐々に、因子エネルギー濃度が濃くなっている状況。
これほど神にヤラレテ、まだ感じないのか、不感症猿。
オラ、
「猿の民主主義は無視ケラの悪魔主義。」
段々、言葉遊びの冗談では済まなくなってきてるだろうが。 

 

一方、神の民主主義こそが、今から先の理想の民主主義。
歴史上、かつてなかった進化形態で、いっそ、
「天使主義(angecrasy)」
とでも呼ぼうかな。
私の特権で、言葉を創造するのよ。
demonに対するdemocrasy同様。
末尾の一時を省くのが、専門用語として洒落てるな。
ちなみに、主義(crasy)というのは、キチガイ(crazy)と、ほぼ同義カモ。
この伏線から、今回の本論に。 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 山口人生.倶楽部 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.