2022年10月28日

更新日:

2022年10月28日 (神ブランド) 

 

今年も、コロナで海外旅行に行けなかったので。
去年のニセコに続き、国内、弾丸トラベル第二弾。
今回は、那須・塩原旅行について。

 

那須には私の物件があって。
土地は、7850㎡くらいの宅地+山林で。
建物は、廃業した
「ホテル ニューこめや」
という日本旅館。
場所は、那須塩原市百村です。
別荘地や板室温泉の手前に位置し、県道に面していますが。
建物の背面が、木の俣川沿いの木の俣園地。

 

ここは公園として整備されており。
市民や別荘族の憩いの場になっています。
まだ観光地化されてないので、静かで落ち着いた雰囲気。
この意味で、私の物件は那須でも一等地ですよ。
私の物件から、木の俣川を眺め渡す景色が抜群に良いの。
一度、現地の木の俣園地に行ってみると納得できます。
川から、私の建物を見上げると、想像付くはず。
(樹木で遮られて、川からはハッキリとは建物が見えません。
なにせ、露天風呂があったし。) 

 

建物は新旧の2館に分かれており。
旧館は、昭和の古い旧耐震の木造建築。
現在、ほぼ廃墟になっており。
これを、復活させるか、撤去するか、思案中。
面倒なのは、川の土手が急傾斜地なので。
(だからこそ、景色が良いのですが・・・。)
比較的最近、土砂災害特別警戒ゾーンに指定された点。 

 

リノベすると、土台の補強などで、余計な費用が発生するわけです。
一方、壊すのにも、それなりの費用は掛かるので。
(なにせ、2階建ての面積が1000㎡超えていますから。)
どうしようかな?
壊すか、生かすか?
それが問題だ。
ホテルよりも、個室付きレストランとしての需要があるカモ。
ついでに、リラクゼーションサロンも併設し。
宿泊もできるようにするとか。

 

フランス料理なら、オーベルジュですか。
日本料理なら、割烹旅館。
イタリア料理なら、何と言うのかな?
誰か、那須でレストラン開設したいオーナーシェフや会社は、いるかな?
いれば、金掛けて修復するので、声掛けてください。
場所柄、それなりの需要はありそうですよ。
今や、天皇家より格上になった当社のブランドもあるし。
那須で覇を唱えるぜ。
品格の問題だな。 

 

新館の方は、平成築の鉄骨造で比較的新しく。
最初から、警戒ゾーンでもパスするように補強済みで建築しています。
よって、新館はリフォームして使います。
私の私邸にするか、会社の保養寮にするか?
はたまた、別のビジネスするか?
温泉引き込みの風呂が2室あって、だだっ広いので。
用途に応じて、変更します。

 

この物件、入手してから、ほぼ2年くらい経過。
その間、放置していたので。
現在、廃墟が進行中。
道に雑草が生えてきて、雑種地になりつつある。
建物に被害が及びだす前に何とかせねば。
マ、直す時には、一気にやって、綺麗に仕上げますが。
旧館の候補がいなければ、壊して駐車場かな。
中央を通る私道反対側の土地に、高級老人ホームでも建設しようか、どうしようか。
こちらも、興味があれば声を掛けてください。

 

というわけで、現地調査の仕事として、高速道路経由で行ったのですが。
日帰りせずに、那須の星野リゾートのリゾナーレ那須で一泊。
ホテル仕様はコテージが散らばっているリゾート風です。
部屋の内外は、こんな感じ。  

 

那須1
那須2
那須3
那須4

 

大したホテルではないですよ。
庶民が、高級気分で宿泊するレベルかな。
夕食は、何処で食べるか決めてなかったので。
ホテルのビュフェを。
(まともなレストランは予約制らしい。)
日曜の夜でしたが、コロナ明けの旅行割引の御蔭かどうか。
結構、客はいましたね。
ほぼ満席状態。 

 

翌日は、隣の新潟県に移動。
高速使わずに、日光・尾瀬の両国立公園を突っ切るコースで。
目的は、例の
「猿に餌を与えるのを止めましょう。」
という立て看板の調査。
まだ1枚だけありました、塩原地区に。
興味のある人は探してみ。
聖地巡礼とか・・・。

 

最短コースで行ったのですが、山に阻まれて道が迂回しており。
一旦、福島の南会津に入るルートしかない。
途中休憩をはさみ、山道を上ったり、下ったりの約8時間。
腰痛いし、もう二度と通りたくない。 

 

で、行先が石打のリゾートマンション
「グランドウイング舞子高原」
の12階。
ここは、最近、競売で入手した物件です。
住所は南魚沼市姥島新田ですが。
負の資産で有名な湯沢のリゾートマンション群と同じ扱いで。
競売評価額1万円でした。
勿論、管理費+修繕積立金の未払いが溜まっており。
しかも、延滞金まで加算され。
トータルで相応の金額になります。 

 

しかし、それでも、新築当時の売り出し価格と比較すると。
1/10くらいカモ。
これが、マンション建設が集積し過ぎた地区の悲惨な現実です。
苗場プリンスも、今や、シンガポールかどこかの資本ですし。
落ち目の、湯沢のスキーリゾートは、どうなるのか?
ついでに、大丈夫かな、最近の都内タワーマンションは。
雨後の竹の子みたいだけど・・・。 

 

一方、私の物件所在地は、湯沢とは一線を画す地区。
高速道路インターも違うし、スキー場も違う。
中間地点には、JRのガーラもある。
周囲には、ライバルのマンションは無い。
それでも、湯沢地区と一蓮托生に扱われている始末。
傍迷惑だ。
さて、将来、どうなるか?
私が、ここで宣伝したので、少しは、価格が上がるかな?

このマンションを買ったのには訳があって。
長岡市の栃尾地区に、買ってから5年間放置している物件があり。
コロナで、どう仕上げるか、迷っていたのですが。
障害者系のグループホームに仕上げることに決めました。
これについては、完成までに途中報告します。
入居者向けの宣伝にもなるし。 

 

で、完成まで、かなりの頻度で栃尾に通うことになります。
その為の布石です。
一々、神奈川まで帰ってられない。
長岡駅前のホテルよりは距離的に遠いのですが。
投資なので儲けるつもり。
さて、どうなるかな。
外国資本も、今更、マンション過密湯沢には投資しないでしょうけど。
石打なら、まだ、開発の余地があります。

 

神の物件もあるし。
雪質なんか、どうにでも宣伝できますよ。
安比では、シルキースノウとか言い出してますね。
石打は、
「ツルースノウ」
で、どうかな?

 

那須では、“御用邸の月”という饅頭や“御用邸の森”というタルト売ってます。
最近では、御用邸のチーズケーキまで売り出した模様。
同じ品質でも、値段が違うのよ。
眞子がニューヨークに逃げ出しても、まだ印象操作が効くのか。
だったら、私のブランドイメージは遥かに効果あるでしょう。
なにせ、未来永劫の勝利者なんだから。
いっそ、那須で、
「人生の真理」
なんて煎餅、当社で売り出そうかな。

 

「ツルースノウ」
及び、
「人生の真理」
には著作権設定しておきます。
チンケな商標じゃないのよ。
ブランドの裏打ちのある神権です。
誰か組みますか?
どうじゃ、電通よ、こういうハイパー広告は。
オリンピックが馬化らしく見えるだろう。
これで384町目。

Copyright© 山口人生.倶楽部 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.