2019年5月28日 (神ブランド)

更新日:

2019年5月28日 

最近の風潮で憂慮する事態が起きているので、それを公開しておきましょうか。
先日、みずほ銀行秦野支店の駐車場で。
障害者が、私の駐車の仕方に文句を付けたの。
そこは軽を停める場所だから、駄目とか。
いつから、障害者マークの位置に陣取って。
私の来るのをジット待っていたのかは知りませんが。
その物の言い方が生意気なのよ。
何時の間にか、この世では、障害者の方が偉くなったかのように錯覚しているとしか思えない。

そういう御時世なのでしょうね。
これほど、パラリンピックの宣伝してるんだから。
ほぼ、オリンピックと同格の扱いでしょう。
ハンディがあるので、全然、速くもないのに。
これ、少し、行き過ぎなのでは?
それほど福祉予算が余っている国じゃないでしょう。

生意気な口の利き方したので、こちらも言い返しました。
「五月蠅い、片輪!」
と。
すると、怒ったな、放送禁止用語使ったので。
自分達の障害正義に反する相手は、神でも許さないというタイプ。
こういうのを定義により、悪魔と言うことが判ってないの。
チャチイ正義感で人類の救世主を測ること自体が間違いなのですが。
このサイトで、その事実関係を公表してきたのに。
未だに、それが把握できてないらしい。

自分が神に勝ったと思ったのでしょう。
銀行員を呼んで、騒ぎを大きくしようとしたのですが。
こちらは、
「お前の物の言い方が気に入らんから言い返した。」
と突っぱねると、何も反論できなくなった。
要は、物の言い方レベルの喧嘩にしたの。
その場は、それで収まったのですが。
なにせ、こういう連中は仲間意識が強い。

その数日後、どういう影響が起きたかというと。
秦野から遠く離れた札幌において。
私の物件に入っている精神病系の社会復帰組み入居者の部屋で。
風呂のバスタブにヒビが入り、下の階で水漏れが発生したという報告が。
写真を見ると、確かに、ヒビが入っています。
そして、このヒビは、前から入っていたと言い訳する始末。
しかしね、水漏れは、それまで 発生してなかったのよ。
突然、発生し始めたのに、以前からヒビがあったと言い張るの。
それが通用すると思うレベルの脳になっているわけだ。

で、最終的に、この突発的事故を、
「こちらの保険で払うか、相手の福祉系組織の保険で払うか?」
の話になり。
こちらも、大家の寛大さを見せて。
取りあえず、こちらの保険で対処することにしましたが。
相手は図に乗って、同じ組織の(精神病)入居者の別の部屋で。
今度は、便座が割れたという報告が。
これも、前から割れてたと言ってくるほど、イカレテいるの。
前から割れてたなら、とっくに、報告しているだろう。
今回、遠慮なく報告してきたんだから。

これ、組織側は、続け様に何が起きてるのか判ってない。
だから、何とか、常識の範囲で解釈しようとするわけですが。
(ヤナセ民族の哀しいサガ。)
相手は、精神病ですよ。
どちらの主張を信じるかですが。
管理会社は、自社系工事会社の見積もりを出すから。
工事イケイケの信用グチャグチャ状態。

保険会社まで絡むので。
今回、こちらに支払った保険会社は、相手の保険会社と交渉する可能性が。
その結果、誰かにツケが回るカモ。
こういうことが判ってないのよ、社会の仕組みとして。
だから、コッソリと手が出せると妄想抱いているの。
こちらとしては、最終的には、訴訟起こして、賠償金を取り、個別に追い出せば良いのですが。
その背景に、秦野の障害者仲間からの連絡があった可能性を指摘しておきたいわけです。 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 山口人生.倶楽部 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.